ネタがないので:《トランスコード・トーカー》



トランスコード

秘蔵カードにリンクリボー再録。色々ありましたねえ……。
つい先日、通販で『秘蔵トークン』と称してストラク付属のトークンを出品している方を見かけて「頑張るなあ」と思いました。転んでもただで起きない感じがして僕は好きです。




《トランスコード・トーカー》
リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/右/下】
効果モンスター2体以上

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相互リンク状態の場合、
このカード及び、このカードの相互リンク先のモンスターの攻撃力は500アップし、
相手の効果の対象にならない。
(2):「トランスコード・トーカー」以外の
自分の墓地のリンク3以下のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。




(1)は条件を満たした際にステータス上昇と相手の対象を取る効果への耐性を付与する永続効果。
(2)は墓地のリンク3以下のサイバース族リンクモンスターを対象とし、このカードのリンク先に蘇生する起動効果。

(2)の効果の制約が「この効果を発動するターン」なので、事前に他の種族のモンスターを特殊召喚することも出来ず、サイバース族を主体としたデッキ以外での活用が難しいように思えます。
ですが、(1)と(2)の効果が上手く噛み合っており、相手ターンのエンドフェイズに《スケープ・ゴート》を発動し、そのトークンを素材にサイバース族リンクモンスターを展開することで容易に火力を確保できます。
スケゴ1枚で考えるとトランスコードとエクスコードの3300+2800で6100になるのかな? 始動がスケゴだし、もっとイケそうな気もするけどよくわからないぜ!

【サイバース族】ではリンクスパイダーとトランスコード、《フレイム・アドミニスター》の3体が全て相互リンクの場合に2300+3600+2500の合計8400ダメージが狙え、これは《プロンプトホーン》の効果でサイバース族通常モンスターを3体特殊召喚すれば達成できます。
問題はやはり、《プロンプトホーン》の効果が止められてしまった場合の損失の大きさでしょうか。《墓穴の指名者》は好評発売中のFLAMES OF DESTRUCTIONに収録されています!雑な広告ごめんなさい許してください

……とまあ、このように効果を持つカードなので、EXデッキに余裕があるのなら《スケープ・ゴート》と展開用のリンクモンスターと併せて採用してみるのも面白いかと。スターターも通常版ですが再販されるようですし!




中古遊戯王/ウルトラレア/スターターデッキ2018ST18-JP041 [UR] : トランスコード・トーカー




中古遊戯王/ノーマル/フレイムズ・オブ・デストラクションFLOD-JP065 [N] : 墓穴の指名者
高いかも






星と魔女はWikiっぽいことを書いて終わり! になりそうなので書かなくていいかあと思いまして。
ハイパースターは【ジャックナイツ】で使えないかな。モンスターを墓地に送る意味もありますし。適当に書きましたごめんなさい

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こばやす

Author:こばやす
デュエルおじさん。エアプ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最近の商品