FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CYHO新規:《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》



ヘルツ

公式Twitterより。
「サイバネティック・ホライゾン」新規カード。






CYHO-JP015:《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》
効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 100/守 100

このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで5にする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地からこのカード以外の「サイバー・ドラゴン」1体を選んで手札に加える。




「サイバー・ドラゴン」の新カード。

(1)は《サイバー・ドラゴン・コア》等と同様の「サイバー・ドラゴン」として扱う効果。
(2)は特殊召喚時に発動できる、自身のレベルをターン終了時まで5に変更する誘発効果。
(3)は墓地に送られた場合に発動できる誘発効果で、《サイバー・ドラゴン》をサーチまたはサルベージする効果。

(2)は《サイバー・ドラゴン・コア》の墓地効果で特殊召喚した際に発動できますね。
発動するとターン中の特殊召喚に制限がかかるので、他のレベル5の機械族モンスターと併せて《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》をX召喚するのが理想かな?

(3)は発動条件が緩く、《おろかな埋葬》は言わずもがな、場のこのカードを素材にリンク召喚や《銀河戦士》の効果の発動コストとして墓地に送られた場合にも発動できるのは優秀だと思います。
サーチ先は《サイバー・ドラゴン》に限定されていますが、カテゴリ内で採用率の高い《サイバー・ドラゴン・コア》と《サイバー・ドラゴン・ドライ》は墓地でサイドラとして扱われるのでサルベージの方が考課対象となるモンスターが多くなります。
テキストが「このカード以外の~」となっているので、墓地にもう1枚このカードがあればソレを回収する事も可能です。たぶん。

《ワン・フォー・ワン》・《機械複製術》にも対応している点も魅力のひとつですね。
後者を使用する場合は、《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》が存在する以上、インフィニティでの制圧よりワンキルを狙いたいところ。

総じて優秀なカードだと言えるのではないでしょうか。
このブログは自分の組んでいるデッキの新カードを贔屓する傾向があります。





テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こばやす

Author:こばやす
デュエルおじさん。エアプ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最近の商品





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。