暇なので:《閃刀機-ホーネットビット》



ホーネットビット

エンゲージの陰に隠れがちですが、このカードもかなり高性能ですよね。
今更ではありますが。





…………

《閃刀機-ホーネットビット》
速攻魔法

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。
自分フィールドに「閃刀姫トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守0)
1体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはリリースできない。
自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、
そのトークンの攻撃力・守備力は1500になる。


…………

発動条件が緩く、《閃刀姫-カガリ》を経由して召喚権を使わずにリンク2のモンスターを立てる事ができます。
メインの効果の使い勝手が良いからか、追加効果は無いよりマシといった印象。
このカードと《召喚師アレイスター》、追加でコスト用の手札が1枚あればワンターンキルも狙え、このギミックを組み込んだ【閃刀召喚獣】が各種イベントで結果を出す事もあるようで。
CIRCUIT BREAKで登場した《ワンタイム・パスコード》等、類似した効果のトークン生成カードの立場を危うくするだけの性能だと言っても過言ではないと思います。

エンゲージとセットで複数のリンクマーカーを確保するための出張パーツとしての運用も可能で、エンゲージと比べると悪いカードではないのでしょうが、「このカードつえーなあ」とは思います。

エンゲージはどうだろ。1ターンの発動制限が無いカードにドロー効果が付いてるからなあ。


 ――以上、言いたかっただけの記事でした。






テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こばやす

Author:こばやす
デュエルおじさん。エアプ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最近の商品