FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20AP新規:《ドン・サウザンドの契約》 その他再録



ドンサウザンドの契約

公式Twitterより。
「20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE」新規カード。割と謎チョイス。






《ドン・サウザンドの契約》
永続魔法

「ドン・サウザンドの契約」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。
(2):お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、
このカードの(1)の効果でドローしたカードを公開し続ける。
(3):このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、
モンスターを通常召喚できない。



原作・アニメにおいて―
アニメZEXALIIセカンドの「ナッシュvsベクター」戦でベクターが使用。
先攻1ターン目にドローした直後に発動され、ナッシュのライフをいきなり2000削る。
その後もフィールドに存在したが、次のターンにベクターの通常魔法《カオス狂宴》の発動コストとして墓地へ送られた。
ちなみに、このカードが存在する間にドローされたカードは、発動時にベクターがドローした効果モンスター《アンブラル・ゴーレム》を除いて全て魔法カードだった。


上部記述は遊戯王Wikiより引用。

まず、1ターンに1枚しか発動できない効果外テキスト。

(1)は発動時の効果処理として、お互いに1000ライフを失い、両者1枚ドローする効果。
単純に1:1の手札交換になるので、ピン差しで4枚目以降の《チキンレース》として使える……かな?

(2)は(3)と連動しており、(2)の効果で魔法カードを公開しているプレイヤーは(3)の効果で通常召喚が行えなくなります。
通常召喚を封じるという効果自体は強力ですが、魔法カードが手札で腐ることは多くないかと。セットすることも可能ですし。

Wikiからの引用になりますが、【フルバーン】で採用するのは面白そうですね。
1:1の手札交換に1000バーンが付随すると考えると悪くないように思いますが、どうなんだろう。


*ここから再録




これぞ「当時の環境で活躍したカード」という印象。
その性能から【BF】以外のデッキで採用されるケースも少なくはありませんでした。
SPTFでもノーマルで再録されたので、あまり嬉しくはない。




カード名が金色。




このカード、なにがどう「ガン」なのかよく分かりませんよね。
カード名や効果にツッコミを入れるのは野暮だとは思いますが、やや気になるところ。
ゲーム付属の《インフェルニティ・デーモン》を3枚と、当時は非常に高額だった《氷結界の龍 トリシューラ》が3枚必須だったの、なかなか鬼畜ですよね……。





テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こばやす

Author:こばやす
デュエルおじさん。エアプ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最近の商品





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。